ダイエットには運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)も必要なのでしょうか? ダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)に運動は欠かせません。 もし、一時的に体重が落ちさえすれば良いというのであれば、別に運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)する必要はありません。 でも、体重(ダイエットというと、つい体重の増減ねかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)を落とした状態を維持したいと思うのなら、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)は欠かせないと思った方が良いですね。 運動する目的は、カロリーを消費するためと筋肉をつけるためです。 カロリーを消費するには、有酸素運動を毎日20分以上する必要があるだといえるでしょう。 ただ、時間をおいて五分ずつの有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)でも、やらないよりはカロリー消費効果があるでしょう。 また、有酸素運動といえば、ジョギング(一般的には、会話ができるくらいのペースで赭ることを指します)やウォーキング(健康の促進や体力の増強を目的として歩くことをいいます)をする方が多いと思いますが、実はこれだけでも毎日続けると、足に筋肉がついてきます。 無酸素運動である筋トレなどと比較すれば、筋肉のつき方はゆっくりになるものの、ウォーキングなどの有酸素運動を継続することで筋肉をつけられるのです。 筋肉量が増えると、基礎代謝が上がります。 つまり、安静状態で消費するカロリーがふえるということです。 基礎代謝量(性別、年齢、身長、体重などで目安となる?値が算出できるでしょう)が上がると、それだけ一日の消費するカロリーが増えることになりますから、体重が増えにくくなります。 ですから、ダイエットのためには、できるだけ毎日運動をするようにしましょうー